FC2ブログ
2020.12.31&2021.1.9を視聴して
2021年01月11日 (月) | 編集 |
観ました。This is 嵐LIVE リピート配信を。


( ̄∇ ̄*) ☆
忘れないうちに記憶に留めておきたいので書こうと思います。

計2回(←生配信とリピート配信とで)観れて思ったこと、忘れないよう自分への覚え書き程度ですが
ふむふむ、このブログの管理人はこんな感じで観てたのね、とそんな感じで
長くなりそうですが、読んでのお付き合いをしていただけたら、どこか共感していただけたら嬉しいです。


行っきま~す。.:*:・'°☆。.:*:・'°☆



This is 嵐LIVEのプロローグは
まるで、スペースオペラ作品をイメージするような宇宙背景の壮大な雰囲気のナレーションから

日本のごく普通の町、一般家庭の家屋の棟々から
嵐を応援している風が東京ドームへ集結していく
そこには、嵐が乗った宇宙船がドームの屋根の上に到着したところ..

そして、ドーム内へ...


(゜◇゜) ここの内部に建ってる塔のミラーボールのような球体が上下に開いて嵐5人さんのご登場だったわけだけど

この塔って、

テレビWSでは、「巨大なミラーボールから嵐が登場」って言い表しかただったけど

皆さんが仰るには、ダラスに建つリユニオンタワーに似てるとのことね

そして、「リユニオンタワー」の意味は「再開搭」ってことですね。

それを生配信以降にSNSなど通して教えてくれてる嵐ファンの皆さんがステキよねぇ。.:*:・'°☆


嵐はこの日(2020.12.31)を最後に活動休止に入ってしまう
OP曲は再開搭に立って歌う♪ワイルド アット ハート
ステキね。

出会えた仲間よ そのままでいい
ためらうことなど 何もないぜ
俺たちはきっと胸に秘めた
涙の代わりに笑って Say goodbye


この曲は旅立つ仲間のことを歌ってるよね
うん。泣かないよ。涙で画面が見れなくなるのが嫌。
嵐のラストステージを笑顔で楽しむからね、って思った


ミーツチャンスで生配信を観てる方々が塔の下に設置されたスペースのモニターの数々に映っている
皆さん嬉しそうな笑顔よね

あ、そうそう、塔の巨大ミラーボールが開いた瞬間
翔くんがカッコイイ
(リピ配信でそう思った、私ったら生配信の時は大野くん一筋で観てたのね、あらためてそう思ったわ)
開いた瞬間の大野くんはちょっと素のような雰囲気でドーム内の景色に目をやった感じね、一瞬だけね
そして、隣同士で立つお山で笑ってたね


サクラ咲ケ

振り向くな 後ろには明日はないから
前を向け 未来なんてすぐに変わる 変えてみせる

こういう歌詞に嵐からのメッセージ性が感じられるね。

智担としてキャーー!どころは
めぐり会いたい~♪ の大野くんのカメラ目線と指差しよねよね


SHOW TIME

(* ^ー゜) そして、ここでは搭から降りていて、階段のあるステージに移動済みで
ほんと、嵐オンステージ ショータイムって感じよね

あらためてOP最初から着用の衣装を見ると
赤襟の白ジャケットは手の込んだ細かい刺繍の入ったもの、白シャツに黒パンツ、黒靴ね。
ジャケットは5人5様でちょっとずつ違うデザインで黒パンツはそれぞれ違う素材なのかな?光り加減が違うね
あい変わらず衣装担当さん方々の愛のこもった感じが感じられるステージ衣装ステキね

この曲って手の振りがカワイイのよね
こういうキュートなところもある嵐っていいのよねぇ。んふふ。って思っちゃう。
そしてよりいっそう嵐のことが好きになる。


Party starters
某CM曲でもう耳なじみあるよね~☆

5人とも笑顔がカワイイの~よねよね


そして、ライブ定番のメンバーによる煽りの挨拶ね
潤くんの21年間の想いをぶつけるから受け取ってくれー!
にキュンときますね。

潤くんにはこのときだけじゃなく、ライブ全般にのちょっとした表情いろいろに、キュンシーンありましたよね
潤くんは嵐コンサートの総合演出家で、ラストステージを悔いのないようにと
こだわりにこだわって、嵐の皆とスタッフさんたちと出来る限りのことを力を注いだのでしょうね、と想像できます
ラストステージ中にふと感慨深くしてる一瞬が垣間見えてた
そんな潤くんにキュンときますよねぇ


(*´ψψ`*) でね、でね、大野くんね
でいっ! って言ったあとの、その場を立ち去る寸前の大野くんの笑顔
ここ、私は好きだわ、ほんと


言葉より大切なもの

あるからーー!!!!!
で、スクリーンにワーーッと現れるファンたちの画像
ここ感動的よね。コロナ禍で無観客で行われてるライブだからこその演出で
ワーーッ!って出現の仕方がいいのよねぇ、つくづく思うわ。こういうところ演出が特に上手いのよねホント

そういえば、ここに書いちゃうけど
NHK紅白での♪カイト
でのファンたちの歌声と画像が現れたスクリーン
その画像が最後には翼の形になったじゃない
ステキよね、ほんと、そういう演出が。



GUTS!
階段のあるステージ、両脇にはスクリーンが設置されていて
5人だけのステージが続いていたけれど、ここでJr.くんたちが登場
嵐ステージをバックダンサーとして盛り上げていく


風の向こうへ
懐かしい曲をやりたいと思います。 という紹介で始まった曲

雨の向こうへ 風の向こうへ 旅は続いていく
今 君の向こうへ そして僕の向こうへ 道は続いていく


歌詞をあらためて見ると、全編に渡ってこの日の嵐からのメッセージが込められてる曲だと思ったわ

( ̄∇ ̄*) 大野くんの高音の歌声、健在ね。キャー


ジャニーズJr.の紹介
翔くん以外の4人はジャケット着替えと小休憩にステージからはけて、翔くんも最初は映像に映ってたけど
Jr.くんたち紹介の途中でアナウンスだけになってジャケットを着替えに行った模様

Travis Japan
HiHi Jets
美少年
7MEN侍
IMPACTors
Jr.SP
This is All ジャニーズJr.ー!! どうぞ大きな歓声をー!!



いつか秒針のあう頃
相葉ちゃんの歌声 ユァマイ ディァ..の直後の間奏での大野くんのダンス
ここ魅せてくれたよね~
そして、大野くんのフェイクあり
ステキね、ほんと

うちのPC画面がそんなに大きくないのと、「光の部屋」という演出効果満載のステージだったせいか
画像が見辛かったの私も
欲を言えばもっと大野くんのダンスをよく見たかったねー

大野くん振り付けの曲だという いつか秒針の~は、いつかいつかまたいつかどこかで披露してくださる曲だといいね
そう思っとこう..と。

Jr.くんたち紹介の時に着替えたジャケットは、シルバー系の光沢のある感じで柔らかそうな生地のロングジャケット
大野くんのは丈がほどほどの長さでフリンジ付きストールのようなもので他メンのロング丈に合ってるもの
んふふ。俺だけロング丈じゃない?がまたしてもここで。。


つなぐ
光の部屋(ライトルーム?)で引き続きパフォーマンス
こちらの曲もご存知、大野くんの振り付けによるもの

振り向かずに生きてくだけ~♪
の時の大野くんの表情がなんとなく印象的だった。
シリアスな感じで。


Turning Up
パフォーマンスは光の部屋から階段のあるステージへ

Do you...?
ご存知、アルバムThis is 嵐リード曲!
テンポよくていいよね~


曲の終わりに暗転
MC「俺たちが嵐です」

お着替えに順番で行くにあたり、グーパージャンケンするが
全員が同じものを出し決まらない
おー、このまま5人で話を続ける? みたいな感じで嬉しそうな翔くん
活動休止前最後のステージでも仲の良さ・気が合うと嬉しそう
でも着替えに行かなきゃなので、グーパージャンケンは続くという


大野くん相葉ちゃんが残り、最近の嵐内での贈り物の話からラーメン丼の話へ
大野くん家には丼がなく、銀の丼(メモリ付き銀のボウル)でラーメンを食べた。器が熱いけどめちゃいいとのこと。
翔くんが着替えて戻ってきて、相撲やってと提案
ニノくんも戻りその様子を見ながらステージ上の階段に腰掛ける
衣装はお花のイラストのあるジャケット(アラフェス2020でファンの間で好評だったものね)、エンジ色のパンツ(5人5様の色違い)

相葉ちゃんと大野くん、相撲とるが、力持ちの相葉ちゃんが大野くんを抱えあげてしまう
翔くんが見てて、恥ずかし恥ずかし..と(照)笑い
そこへ潤くんも戻ってきて、相葉ちゃんと大野くんがお着替えに。

潤くん、ニノくん、翔くんで、昔にコンサートで缶けりをした話をはじめる。
そんなに音出しちゃいけないのに、やってたとのこと、懐かしがってる。

お着替え終わりの大野くん相葉ちゃんが戻ってきて、
紅白出演への準備始めるまでの間が中盤戦とのこと
中盤戦はじめます、の言葉あり。


明日の記憶

めぐりめぐる季節の途中で
何色の明日を描きますか
強く強く信じ合えたなら 何色の未来が待っていますか


この歌詞に “嵐を信じていてください” といったような気持ちを感じられたわ私は。
でも、歌いはじめの歌詞のところ
あの日 君と見ていた 夕焼け永遠にしたくて
記憶の中 手を伸ばして 何度も触れようとするけれど


キューン.. とするね。
過去はもう過去のものなんだ
って涙しそう。。。


One Love
嵐5人が立っているステージ、明るい色が円状に光って、暗かったステージがパッと明るくなって

同じ明日 約束しよう 君といればどんな未来も輝いているから

未来は明るいから希望を持っていてというようなメッセージがここにも込められてると感じたよ
嵐さんてば、どれだけファンを大切に思ってくれてるんだろう
って思うよ私。


Love Rainbow
始めに歌いだしの大野くんと潤くんが天井を指さしたとき
会場である東京ドーム内の天井にウチワメッセージが大きく映しだされていく
大野くんに、釣って!というのも映しだされて

そして、スクリーンにもウチワメッセージが映しだされて
5人それぞれへのファンサおねだりメッセージが!
大野くんへは「エアハグして」でしたね
画面を通して智担みんなのことをハグしてくれたかな、きっとね、そうよね


ウィンクして、投げキッスして、ハートして、バーン!してお馴染みのものなどなどでしたね
5人それぞれにウィンクしては、やはり、ここは最後の順番に相葉ちゃん 両目つむってしまっていても気持ちだから、通じてるから大丈夫だよね
そのあと、その場を離れる5人さんの後ろ姿、隣に立つ潤くんが相葉ちゃんにお疲れさまという感じだったのにほっこりしたわ。
ほんと、観てて楽しい。相葉ちゃんお疲れさま。


Step and Go
ステージを移動した先はCG合成の出来る広いスペースのあるステージ

いつも通り仲間達と
過ごした季節重ねてた
きらめくように光る
僕らの日々は胸でときめく
どんな未来が来ても
どんなに離れていても
僕ら交わした声 消えない


歌いだしの歌詞から、キュンとするね
この曲も歌詞をあらためて全編みると、今、キュンとくるものだわ
嵐楽曲って、まるでこの日(This is 嵐LIVE)のために伏線が引かれてたような...
そんな錯覚に陥ってしまいそうなぐらいだいぶ前の曲でもってところにキュンとして涙がでそう。。

ステゴーは軽快なリズムと、そして大野くんの歌声聴けるから好き(そう、私は智担よ)


エナジーソング~絶好調超!!!!
さあ、みんな紅白前ラストの曲だ!
いけるか~
それでは皆さん、お手を拝借!!


ここまでいろいろあった そんなの皆いっしょだー
この歌いだしの歌詞に、うん、うん。そうそう、みんな一緒だよねー
なんだかすっごい共感して心にしみちゃった

嵐さん、これが最後、ラストステージ
そういう思いで生配信を見逃さないわよ!ってその気持ちは嵐ファンならば皆いっしょだよね?って
気持ちがこみあげてきて、泣きそうに..
でもこの曲、あっかるいんだよね~~


んふふ。大野くんたら、釣りのリール巻きファンサをカメラに向かってここでもやってる~
以前やってた客席のファンのコを釣り上げてくれる仕草(全身でやってた)がカッコよいのにね~ぇ

紅白へ行きたいと思います。という潤くんのお声
リピート配信は紅白のための中断はないけど、そういうリアルだった声を消さないでいてくれるのが有難い

Jr.グループの紹介再び
潤くんの紹介で、今回は先ほどの逆順に紹介
ジャニーズJr.ありがとう
一緒にステージを盛り上げてくれる仲間として感謝の言葉を忘れない
そういう精神ってステキよね


終盤戦始まり直前の大野くんのモノローグ
~画面は東京の夜景、東京ドーム

活動休止前最後のステージになります。...1曲1曲を大切に届けようと思います。
最終章 始めます


σ( ̄∇ ̄;) 私ったら、メモしきれませんでした。
ここのね、大野くんのナレーションのお声
とてもいい声なんだよねぇ、しみじみしちゃう
なんて言ったらいいのかな、発音の仕方や溜めの感じ、息づかい..
私、智担なのなのなの~
も、好きすぎて、うるうるしちゃうよー
(T▽T;)


Whenever You Coll
ご存知、ファンのために書かれたという曲
しみじみしちゃいます。

紅白後の衣装は、ピンク系のジャケット(5人5様の)、白シャツと白のパンツ、白タイもしてる。


台風ゼネレーション
じゃあ行ってくる
あ、さよならじゃないよ
また会えるから


(・・、) ニノくんのセリフ始まりのこの曲
ファンにどこまで寄り添ってくださってるんだろう
この嵐ラストステージって
つくづく思った


PIKA★★ NCHI DOUBLE
ステージにヘリポートを表す記号が現れ
そこで踊りだす嵐5人

ヘリポートで踊ってるのはMV(PV)に基づいてるよね
屋上で踊っていた若かりしころの嵐5人さん

それを思い出させるかのように、CG合成でデビュー当時からの嵐5人の写真が次々と現れていく
そんなステージのなか

終わったはずの夢がまだ
僕らの背中に迫る
刻まれた想い出が騒ぎ出す
限られた愛と時間を
両手に抱きしめる
せめて今日だけは消えないで


この曲の歌詞、全編をみるとこの夜(2020.12.31)にとても相応しいことがわかる
ジーンときちゃうね、ほんと


君のうた
歩き出す 明日は僕らで描こう
涙に暮れたとしても 塗り替えていく

っていう歌詞にジーンときていた私だけど

星のない夜が訪れても
こころ灯し約束しよう
どんなときも守り抜く その笑顔を


嵐は(一旦)活動休止してしまうけど、ファンの皆さんは笑顔でいてね っていうメッセージが込められているんじゃないかな?って思ってしまったよ私。

そう、メンバーソロリレーになってるところ
歌ってるメンバーが歩いた所がメンバーカラーの軌跡になり
そして大野くんのソロパートの歌詞
“星のない” なのに、5人の軌跡が5色の星になって高く上がっていくんだもの~
ステキすぎる~~~
もう、何がなんでも笑顔でいるよー、約束するよ嵐ぃ..って(←半泣き状態)


曲の最後に相葉ちゃんがメンバーとともに自撮りして、それがスクリーンに映しだされ
あい変わらず、嵐5人さんの写真への収まりの良さ
ステキね、ほんとうに
いい笑顔



A・RA・SHI
一旦、裏へはけてから戻ってきた、ジャケットを着替えたのね
シースルー付き白ジャケットだ

もう数えきれないぐらいにコンサートでもテレビでも披露してきている♪A・RA・SHI
ステップが軽やかよね


Monster
今回はA・RA・SHIのfor dream~♪ の余韻がないまま5人が後ろを向いてMonsterのイントロに
セトリの流れもあるから仕方ないよね、うん。


迷宮ラブソング
私、この曲、発表当時から好きで
迷宮に迷い込んだら手を引いてくれるという気持ちが有り難くて..


マイガール
ありがとうの想いを伝えたいよ
思い出に満ちた未来へ


嵐15周年のハワイライブには私は行けなかったけど、Mステでハワイの現地で(この曲はVだったけど)歌ってくれた曲

ここでも未来への気持ちを表しているね


Happiness
ここまでの4曲はメンバーのドラタイナンバーだね

まだまだ楽しんでいこうぜ!
ニノくんの煽りの声が力強い、それはいつものように...


感謝カンゲキ雨嵐
私はPC画面で全画面にして観ていたから、ありがとうメッセージを打つタイミングを逃して
この曲までには間に合わなかったんだけど..


曲の始まりからコンサートスタッフさんからのメンバーへのサプライズ..
天井にプロジェクターにより映しだされるファンからの嵐へのありがとうメッセージの数々
この日の用意されてたプロジェクターは40台だったそうですね、
ライブにかける意気込みがそこにも表れてるんですね


歌のパフォーマンスの途中、天井のメッセージを見上げる潤くん
ふ、と微笑んだところがよくてね
感慨深く見るニノくんと相葉ちゃんも
大野くんは見てるところは表だっては映されてなかったような?

歌ってるなか、CGでメッセージが次々と画面に現れていき
ファンからのありがとうメッセージの数々
そうよね、嵐さんにはありがとう!感謝感激という気持ちがいちばん強い想いで皆いるわよね
そうそう、そうなのよ
と観ててみんな想いは似てるよね、と思ったわ



メンバー挨拶
..天井にずっとファンからのありがとうメッセージが映しだされているなか

☆翔くんは、「21年経ったらスケスケも進化しました」と教えてくれた。
観ててとっくに気付いてるファンも大勢いるけど、
きっとまだ気付いてない方のために言ってくれたのね

翔くん、いつものコンサートご挨拶の時のように声がとても暖かい。
はい。これからも嵐の楽曲を聴いていくよ。ふいに街中で楽曲が聴こえてきたら、その日はラッキーってこれからも思っていくからね、
いつかまた「俺たちが嵐です」って胸はって現れてね、って私はそう思ったわ


☆大野くん、「やなこと嬉しいことたくさんあったけど、ファンのみんなにもいろんな想いをさせてしまいました」
素直に喋ってくれる大野くん、やっぱりやなことあったんだね..
やっぱり、ファンのことを想ってくれているんだね

顔も表情も2019年5×20オーラスの時と変わらないね
でも、大野くんは今日(2020.12.31)は泣かないんじゃないかな、と思ってたよ
だって、翌日から自ら希望していた休日の日々がやってくるんですもの
男気のある大野くんらしい泣かないラストステージだったね

「僕は明日から自分のことを考えて自分の時間を大切に生きていこうと思います」
「またいつか、人のためになることをやれるように」
「ファンの皆さん、今までついてきてくれて、今まで支えてくれて、今日まで守ってくれて
感謝してます。ほんとありがとう」
「ではまたね!ありがとう!」

智担として聞いていて、こんなに有り難い言葉ってないわ。「守ってくれて」だって(涙)
そして、別れのご挨拶が「ではまたね!」だってー(涙)
もう、こっちが涙あふれちゃったよねほんと


☆ニノくん、
最初、天井のありがとうメッセージを読んだあとに、ちょっとだけちょっとだけ涙声になりそうなところをこらえてたね
ニノくんが「もっとイジりたかった」って言ってた本音のところ
私はVS嵐(関東ローカル時代)、ニノのいろんな声かけが特に好きだったのを思い出したよ
ニノの一声でその場の雰囲気が良かったもの、楽しかったもの観てて


☆相葉ちゃん、いつものコンサートご挨拶の時と同じ、優しいお声。
もうすでに涙目のような潤んだ瞳なんだけど泣かないようにしてる
泣き出しそうな声になってたけど
「あなた達が嵐のファンで良かった」
相葉ちゃんのこの言葉が嬉しいです。

☆潤くんも泣きそう、上を向いて喋ってくれていたのは
上を向いてないと涙がこぼれてしまいそうだったからよね、きっと
静かに穏やかな声で喋ってくれる潤くん
「いつかこの夢の続きを出来たらいいと思います」
「...わかんないけど☆」
こういうところ潤くんらしいよね
「ぼくらの言葉を愛してやってください」
「寂しかったら嵐聴いてください、俺も聴きます」
「仕事で観てくれてない人もいると思いますが..」
そう、私はバイトで11/3は観れなかった。そういう人もいるってちゃんと分かっててくれている、有り難いと思ったわ。


The Music Never End
「では、僕らからこの曲をおくりたいと思います」で始まった曲
ああ、この曲がきたってことは、LIVEも終盤も終盤で
もうじきお別れなのね..と寂しくなっちゃうところ


この曲、しみじみとします。いい曲だよね。
まぶた閉じ浮かべた そこは褪せない世界
Even more 絶えず聴こえる 音色に笑顔が舞う

歌いだしは大野くん、暖かみのある優しくていいお声

この曲もファンのための曲だよね
喜び悲しみ すべてに寄り添いながら
導かれるよう口ずさむ The music never end


そして、未来への希望を奏でてる曲
活動休止にともない寂しくならないファンなんて1人もいない
それでも、悲しみすぎないで、できれば笑顔でいて希望を持って..
というメッセージを残していってくれてる曲の1つだよね


最後のほうだったかな、次の曲のためにステージを移動する5人さんの後ろ姿だったかな、その時に
ニノくんが潤くんの背中に、潤くんが大野くんの肩に手をやってるのが微笑ましくて。。。
メンバー同士、仲がとてもいいのはこういうところにも表れているよね


Love so sweet

そして、とうとうラストナンバーにいよいよなった..

「21年間どうもありがとう!」
この言葉とともに銀テが発射されて、
それと同じ銀テがFC会員の手元に届いてる
それはとてもステキなこと。
無観客で開催でも、いろいろ繋がってる今回のライブ
私はフレンズ機能もミーツチャンスも利用せず通常配信。ダンス動画もC&Rの声もウチワメッセージも送れずそういうの事前参加してなかったけど
観るだけに専念してたけど、
でも、銀テのお裾分けという有り難いメンバーからの贈り物(FC会員チケット購入者への紙チケット送付に同封だった)
が手元に届いてて、繋がってるんだ
って思えた。こういうところ、感謝感激の嵐です、ほんとうに


ますますファンになってしまうじゃんかーーー!と叫びたいところです

歌の終わりに
「ありがとう、本当に」
マイクを通さず潤くんは言っていたね
そして、5人が肩を組みステージ上の階段あがっていく時の笑顔がステキ

生配信を観てた時、この階段を上った先で
「俺たちの名前はなんだ?」をやるのかと思ってた私も。
でもやらなかったね。
もしかしたらなんだけど、泣き声になりそうでここ声を張り上げられなかったんじゃないかしら?
それよりも、ここまで無事にラストライブをやることができたという感謝の気持ちでいっぱいで..


「本当にありがとう!バイバイ!」
「嵐でした」

5人で階段上がった先のところで手を繋ぎあわせ
その手を高くあげたその姿
やはり私には、5人で1つの王冠を表してるように見えたわ
それと、それぞれの頭上にも見えないけれどもファンからの応援の風で贈られた光輝く王冠が


そして、そして、5人の姿は見えなくなった
この後に続くエピローグに出てくる東京ドーム上に浮かぶ宇宙船に乗り込んだという(設定よね)

立ち去る前、「ありがとう」ってマイクを通さず口々に言っていたね
大野くんが万感の思いをこみあげてきてたようにも見えた瞬間があったわ


5人が去った後のドーム内のステージには虹がかかっていたね

~ NHK紅白でも、コロナ禍の現況をふまえて
「嵐の去った後、虹のかかった美しい景色がどうか皆さんの前に広がりますよう」
って
「明けない夜はないと信じて」
と言われていたものね
それは、一般視聴者の方々が観ている番組で
2020年は新型コロナウィルスのせいで暗く、美しい風景さえ満足に眺めに行けない日常で..

嵐ファンにいち早く見せてくれたのね虹のかかった景色を。
本当に世の中がそういうふうにコロナの闇から解放されますように、世の中が晴れ晴れと晴れ渡りますように
皆の前に虹のような希望が現れますように...
って



そして、PC画面は嵐ファンからの嵐へのありがとうメッセージの数々になり

☆生配信の時は、そのまま、0:00寸前までその画面
そして、This is 嵐LIVEのロゴの入った画面に切り替わり
メンバーからの直接の言葉が次々と画面に記されていき
大野くんのは最後に記されたね

メンバーはありがとうメッセージの数々をずっと読んでてくれたんだね
というあったかい気持ちでこの新年は迎えられることとなったわけでした。

☆リピート配信では、ありがとうメッセージは少し流れただけで
すぐにエピローグ画面になったね

東京ドーム上に浮かぶ宇宙船
そして、東京ドームから数々の嵐への応援の風(ファンの心)が自宅に戻っていく様が...

そうなの。
ライブ参戦は、その場だけじゃないの。自宅に帰りつくまでがライブ参戦なの。
ファンの間で言われていたことが思い出されました。



( ̄ー ̄ゞ-☆
リピート配信を見終わった私は...

不覚にも、放心状態になってしまっていました。

( ̄▽ ̄;) これで終わっちゃったなあ

楽しみにしていたことがすべて終わっちゃったよ


放心状態でした。


σ( ̄∇ ̄;) そうそう、新たな楽しみ事なんて安易に見つかるものじゃありませんて

まだまだ嵐大好き、大野くん大好き
その気持ちはずっとずっと、たぶん永遠に消えませんから
しばらくは、その気持ちをかみしめているわ。

夢は嵐にまた会えること!





私、リピート配信を観てて思った。
生配信の時(12/31)は、ラストステージ生配信を見逃さないわよ!って強い想いで観てた私

大野くんはといえば、気負わず、自然体だったね
いつもの大野くんだ
それは嵐メンバー皆がそう
ラストステージではあるけれども、気負わないでいこうという想いがあったのかな
気負いすぎると泣いてばかりになってしまうかもしれないと
未来への希望を、夢を、またね、というファンへの明るい気持ちを..
残していってくれたね嵐さん

その余韻にしばらく浸っていたいと思います。


(ノ´∀`*) わーー。
長長々..と綴ってしまいました。
ここまで読んでのお付き合いをしてくれた方、いらっしゃるかな
本当に読んでのお付き合いを有り難うございます。

リピート配信を観てた時に、画面を見ながら手元のメモ用紙に走り書きしたもんで、
あとから読めないイミフもあった、記憶頼りに書いたから、どこか違っていたらゴメンナサイ。
でも、私の記憶はこれなの。そこはご了承を。


(*・∀・*)ノ” ~
関連記事
テーマ:大野智
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可